歯がしみる!ってことありませんか?

ここ何年で、歯がしみるようになりました。∑( ̄□ ̄;
歯科なんて小学生ころに乳歯を抜くため行ったきり、それ以降は行ったことありません。
それが・・・。僕も歳ですかね?T.T

つい最近、シャーベットタイプのアイスを食べたら頭が吹っ飛ぶかと思うくらい奥歯からしみる感じがしました。びっくり! 😯
そこでこんな方法を使ったみたところ、冷たいものを食べてもしみることがなくなりましたので、ご紹介します。(´。✪ω✪。`)

 

毎日使用している歯ブラシには細菌が多いことご存知ですか。

歯茎疾患になる要因として歯、細菌、食べ物があります。この中で一つだけでもなくなれば歯茎疾患は発生しないようです。

歯は無くてはならないモノで、細菌は除去するにも限界があります。歯の細菌の場合、1gの唾のなかに1兆以上の多様な種類の細菌があるため全ての細菌を除去するのは事実上不可能です。(´Д`。)
そのため、我々にできることは食事後の食事クズを確実に除去することです。その方法の一つが歯磨きですが、これが上手くできてないことが多いです。

歯磨きの方法については歯科などでよく耳にすることが多いと思いますが、歯ブラシの保存方法についてはどれほど気にされていますでしょうか。
よい成分が入っている高い歯磨き粉を使ったりもしますが、歯ブラシの保存方法は見逃しがちです。
そのままの保存では細菌が繁殖しやすい環境におかれているため、細菌だらけの歯ブラシで歯磨きをしているのかも知れません。
だからと言って、殺菌機を購入するには中々・・・

そこで!民間療法です。

塩水に歯ブラシを付けて置く!

塩水に歯ブラシをつけておく

これだけです。(っ*´∀`*)っ

塩には(浸透圧)作用があると言われています。大概の細菌は塩水に入ると、この浸透圧により死んでしまうのです。

準備するもの:
・塩(私はあら塩にしました)、水、コップ(入れ物)

作り方:
・コップに塩と水を入れて溶かします。塩が溶かしても余るくらい多くいれます。
・塩水に溶け残った塩がある状態のコップに歯ブラシを入れて置くのです。

使い方:
・塩水につけて置いた歯ブラシを取り出して、塩水を洗わずに歯磨きをつけて歯磨きします。
・歯磨きが終わったら、歯ブラシを綺麗にしてそのままコップINです。

私は少しでもホコリが入らないようにビンに入れています。

20150721_173242

私は3日~1週間くらいで効果を実感しました。歯がしみると悩んでいる方は一度騙されたと思って試してみてください。

この方法を試して効果を感じた方がいましたら、私にも聞かせてください~(´ε`*)ゝ

ドンファン