karute0093

症状

ご夫妻でメンテナンスに通われている患者様からのご紹介で来院。
4年前に転倒してから腰痛がある状態。
転倒直後はレントゲンでも異常はないと診断されたが、半年後から腰痛に加え足の痺れが現れる。
再び整形外科を受診、MRIにて脊柱管狭窄症と診断され、ブロック注射や電気治療など色々試したが改善はみられず。
その後、手術はせずAKA博田法という仙腸関節の治療法により痺れは改善されるが腰痛は依然として残っている状態。

ずっと立っていると腰が重たくなる。動くと重だるくなる。
現在も週に5日、パートで勤務中。働いている間は痛みを忘れている。
痛みがなくなればヨーロッパ旅行に行きたい。

所見

MRI画像をお持ち頂いたので確認したところ、すべり症による脊柱管狭窄が見られるが、間欠性跛行や坐骨神経痛の症状はみられない。
姿勢をみると、腰を曲げて上半身が前傾姿勢になっているため、腰の筋肉で前に倒れないように支えている状態。(腰を後ろに反らしても痛みはない)
脊柱管狭窄による神経圧迫というよりも、体重を支えている臀部と腰の筋肉による痛みの可能性が高い。(体重は標準よりもかなり上)
臀部の張りがとても強い。

1回目施術

臀部の張りがとても強く、集中的にゆるめた。股関節まわりのモビリゼーション、ストレッチも行う。
施術後は梨状筋のストレッチを体操プログラムとして実施。姿勢も出来るだけ伸ばすよう指導。
施術後は背筋が伸びて歩きやすくなった。

2回目施術(4日後)※初回来院から5日目

揉み返しはなく、昨日おとといは痛みも軽減されていたが、だんだんダルさが戻ってきた。
この日も臀部を中心にゆるめ、肩も施術。引き続き股関節まわりのモビリゼーションとストレッチも実施。

3回目施術(3日後)※初回来院から8日目

ここ最近調子が良い。以前と比べ仕事終わりの疲れ方が違う。
施術方針は基本的に同じ。
施設での勤務のため、体はよく動かすとのこと。病院では体重を落とすよう注意を受けた。

4回目施術(7日後)※初回来院から15日目

3日前に太ももが張って痛みがあったので休みを取った。次の日は問題なく出勤できた。
腰の痛み自体は少しづつ下がってきている。
施術は基本的に同じ。仰向けで太ももの前側もゆるめた。

5回目施術(7日後)※初回来院から22日目

この一週間は調子が良かった。これから夏休みシーズンで仕事が忙しくなる。
梨状筋ストレッチは小まめに実施している。

6回目施術(14日後)※初回来院から36日目

ここ最近は忙しかったが調子は良い。
整体に通っている話はしていないが、病院で「足取りが軽くなった」「以前より背筋が伸びている」と言われた。

その後は改善を目指してメンテナンス

現在は2週に1度くらいのペースでメンテナンスを実施。
「仕事を続けているのでやはり疲れは溜まるが、少しづつ改善しているのでこれからも続けたい」とのこと。
ご紹介下さった患者様からも「おかげさまで最近調子がいいよ!」と喜んでいらっしゃったとの報告を頂いた。